åš´é•ˇįĩ„đŸŒŗã€Žæœ¨č‚˛æ•™åŽ¤ã€

đŸŒ˛ã€€æœ¨č‚˛ã¨ã¯īŧŸã€€đŸŒ˛ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€æœ¨č‚˛ã¯ã€čĩ¤ãĄã‚ƒã‚“からお嚴寄りぞで、おぎ嚴äģŖでも、そしãĻåš…åēƒã„分野で、木をįŸĨり、æŖŽãĢčĻĒしãŋ、å­Ļãļことをいいぞす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 äģŠæ—Ĩは、įŸŗåˇįœŒæŖŽæž—é€Ŗ合協äŧšãŽæ–šãĢã‚ˆã‚‹ã€Žæœ¨č‚˛æ•™åŽ¤ã€ãŒã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚

æœ¨č‚˛æ•™åŽ¤ã§ã¯ã€3ã¤ãŽéƒ¨åą‹ãĢ分かれ、『įĩ„ãŖこ』『障åŽŗį‰ŠãƒĒãƒŦãƒŧ』    『į´™čŠåą…』や『ã‚Ļッデã‚Ŗくんダãƒŗ゚』をしãĻæĨŊしãŋぞした。

『įĩ„ãŖã“ã€ãŽéƒ¨åą‹ã§ã¯ã€ãŸãã•ã‚“ãŽįĩ„ãŖこãĢ子おも達はį›Žã‚’čŧã‹ã›ã€ŒæąäēŦã‚šã‚ĢイツãƒĒãƒŧをäŊœã‚ŠãŸã„īŧã€ã€Œåƒ•ã‚ˆã‚ŠéĢ˜ããĒãŖたよīŧã€ã¨ã€å¤§čˆˆåĨŽâ˜†

『障åŽŗį‰ŠãƒĒãƒŦãƒŧã€ãŽéƒ¨åą‹ã§ã¯ã€â€œæœ¨éĻŦいく”という下駄で歊いたり、けんįŽ‰ã€æĄœãŽæœ¨ã‚„おんぐりぎ木â€ĻãĒおぎ木でäŊœã‚‰ã‚ŒãŸãŠã‚‚ãĄã‚ƒã‚’æ‰‹ãĢ取り、įĩĩåˆã‚ã›ã‚˛ãƒŧムâ™ĒãƒĒãƒŦãƒŧぎ中ãĢも木でできたもぎがæ˛ĸåąąå‡ēãĻきぞしたよīŧã€Œã“ãŽãŠã‚‚ãĄã‚ƒæĄœãŽéĻ™ã‚ŠãŒã™ã‚‹ã‚ˆ(^O^)」「木ãĢよãŖãĻč‰˛ã‚„æ¨Ąæ§˜ãŒé•ã†ã‚“ã ã­ã€ã¨į›´æŽĨč§ĻれãĻč‰˛ã€…ãĒį™ēčĻ‹ã‚‚しぞした。

『į´™čŠåą…ã€ãŽéƒ¨åą‹ã§ã¯ã€æœ¨ã‚’å¤§åˆ‡ãĢã—ã‚ˆã†ã­â˜†ã¨ã„ã†ãŠčŠąã§å­ãŠã‚‚é”ã‚‚ã¨ãĻも集中しãĻãŠčŠąã‚’čžã„ãĻいぞしたよ(*^^*)

最垌ãĢは、ã‚Ļッデã‚Ŗくんとダãƒŗã‚šâ™Ē äģĨ前から、ã‚Ļッデã‚Ŗくんとダãƒŗã‚šã‚’č¸Šã‚‹ãŽã‚’æĨŊしãŋãĢしãĻいãĻįˇ´įŋ’しãĻいぞした(^O^)               かわいいã‚Ļッデã‚ŖくんãĢあえãĻ「あいたかãŖたよīŊžâ™Ąã€ã€Œã‹ã‚ã„いīŊžâ™Ē」と子おも達もとãĻもåŦ‰ã—ãã†ã§ã—ãŸâ™Ą

お土į”ŖãĢ木くずīŧˆįŸŗåˇįœŒãŽįœŒæœ¨ã€Œã‚ĸテãƒģãŽã¨ã˛ã°ã€ãŽåŒ‚ã„čĸ‹ã‚’äŊœã‚Šãžã—たīŧã€€æļˆč‡­ãƒģ防č™ĢãĒおぎ劚果やå…Ĩæĩ´å‰¤ã¨ã—ãĻもäŊŋえるそうですよâ™Ē         是非おåŽļでもäŊŋãŖãĻãŋãĻ下さいね☆

ã‚ŗãƒĄãƒŗトを掋す

ãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚がå…Ŧ開されることはありぞせん。 * がäģ˜ã„ãĻいるæŦ„はåŋ…須項į›Žã§ã™

%däēēぎブロã‚Ŧãƒŧが「いいね」をつけぞした。